警察の警部補が部下への腹いせに暴力団を使ってやった情けない行動

岡山県警は6日、部下である女性警察官の日頃の言動が気にくわないなどの理由から、知人の元暴力団組長に頼んで女性警察官の車に薬剤をかけ塗装を剥がすなどした、県警通信指令課の警部補を緊急逮捕したと発表しました。
逮捕された小寺誠一容疑者は、当時部下だった女性警察官の日頃の言動に腹を立てていることを、知り合いだった元組長で無職の笠原忠行容疑者に漏らしたところ、笠原容疑者に「それなら、やってやればいい」と助言され、笠原容疑者を通じて、笠原容疑者が元組長をしていた暴力団の若い衆をつかって2009年10月9日から12日頃までの間、の女性警察官宅の駐車場に駐車してあった軽乗用車に剥離剤や消火器の消火剤をかけさせたそうです。
暴力団を使ってやったことが、こんな腹いせだなんて、本当に情けない警察官ですよね。

ダチョークラブの魅力とは?

最近の芸能ニュースでダチョークラブの上島さんが51歳の誕生日を迎えたというニュースを拝見しました。頻繁にテレビにでている芸人ではないけれど一度テレビでみると面白さが頭から離れない、そんな芸をしているように感じます。お決まりのポーズ、芸風、何度みても飽きが来ないのがとても不思議です。特に面白いなと思う芸は、どうぞ、どうぞと最後権利を上島さんに渡す芸です。とても有名なコントなのですが見ていて面白いなとおもいます。このどうぞ、どうぞ、日常使いでも使えるんですよね。会社の飲み会などにも場を盛り上げるときなどによく使います。ダチョークラブは個人でテレビででているときも、ダチョークラブとしてでているときもとても面白いです。ダチョークラブがテレビからいなくなってしまったらお笑いという芸を見る琴がなくなってしまうんだろうなと思うくらいです。人の心をひきつけるものをもっているダチョークラブのようにもっともっと個性あふれる芸能人の方がこれからもテレビで活躍してくれたらなとおもいます。

 

看護師を辞めてから5年。育児をするために職場から離れていたけれどまだまだ働けると思う。そろそろ子供も手がかからなくなってきた。やるなら今しかない。友達に聞いた看護ジャパンで自分に合った職場を見つけよう。

偶然か?運命のイタズラか?かイタリアで兄弟3人が同じ日に心臓発作で倒れる

27日、イタリア南部シチリア島で、兄弟3人が同じ日に心臓発作で倒れるという、嘘のような出来事があったそうです。

27日に54歳の次男と45歳の三男は、それぞれの家族を連れて一緒に出かけたそうです。

そのピクニック中に三男が突如、心臓発作に見舞われその場に倒れ、弟を助けようとした次男も、弟が倒れたショックで心臓発作を起こし、2人ともその場で帰らぬ人になってしまったのです。

これだけでもビックリするような話しですが、弟2人が心臓発作を起こしたのと同日の27日、ピクニックには行かずに別の町の病院に入院中していた母親を見舞いに来ていた57歳の長男も、見舞中に心臓発を起こし倒れてしまったというのです。

ただ長男の方は倒れたのが病院だったため、すぐに救急治療室に運ばれ、緊急治療を受け一命を取り留めたということです。

単なる偶然なのか?、運命のイタズラなのか?、世界には不思議話しがたまにありますよね。

 

 

いきなりお金が必要になったらどうしますか。バイトで稼ぎますか、親にねだりますか。だいたいはお金を借りますよね。お金を借りるときにお勧めなのがカードローンです。カードローンにもいろんな種類があって低金利のカードローンもあります。ですが、一番いいのがお金が必要になった時に備えてお金を日ごろから貯めておくことです。

他人のポイントを不正に使った中国人3人が逮捕される

買い物をするとためることのできるポイント。
大手家電量販店「ビックカメラ」でも買い物をする度にポイントがたまり、商品を買った時の割引に使ったりすることができますが、「ビックカメラ」のインターネット通販サイトで、他人のポイントを無断で使って商品を買ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課が中国人の男3人を窃盗容疑で逮捕したそうです。
警視庁サイバー犯罪対策課によると、この3人は、昨年11月7日~11日の間、「ビックカメラ」のインターネット通販サイトのビックカメラ・comに他人になりすましてアクセス。
約20人分の他人のポイントを使ってデジカメなど約80万円分を不正に使ったということです。
警視庁サイバー犯罪対策課では、この3人の他にも商品の受取に中国人など十数人がかかわったとみて、さらに調べを続けているそうです。
自分のポイントが気づかないうちに減っていないか、時々確認した方がいいですよ。

育毛剤、はじめました。

まだ効果が実感できるに至っておりません。

がんばれ、育毛剤! がんばれ、私!

大口需要者向けの電力使用制限令が解除される

今年の夏は節電の夏でしたが、政府は30日、電力不足への懸念が解除されたとして、東京電力と東北電力管内で発動している大口需要者向けの電力使用制限令を解除すると発表しました。
政府は今夏、電力不足が懸念されるとして、この大口需要者向けの電力使用制限令は、7月1日から、東京電・東北電管内の契約電力500キロワット以上の大規模工場などに対して設けられていた制限令です。
平日午前9時から午後8時まで、最大使用電力を昨夏のピーク比で15%削減するように制限され、もし違反した場合には、100万円以下の罰金が設けられていました。
多くの企業が、様々な工夫で15%削減をクリアしたことで、予定より前倒しで制限を解除することができたということです。
ただ、努力目標として一般家庭や中小企業など小口需要者に求めている15%の節電は引き続き要請していくそうです。

 

運動会のシーズンですね。熱中症には気をつけましょう。

対策にもお金がかかります。

そんな時にはカードローンが便利です。